写真家・佐伯慎亮とデザイナー・竹田剛による2020年末スライド&トークセッション


17年から淡路島に住み、今は大阪との2拠点生活を送る写真家、佐伯慎亮とノマド村近く、生田村に拠点を構えるデザイナー、竹田剛のスライド&トークセッション。
2人のコラボレーションにより、「いやしを巡る淡路島の旅 Awaji Island Therapy Book」が生まれました。
今回は、写真、デザイン、絵画、音楽…。お互いのこれまでの作品を見ながら、創作の裏側、フリーランスとして生きていくこと、仕事の話、お金の話、淡路島での暮らしや家族、子育ての話などなど伺います。
この日のために制作された自費出版の写真集「AWAJIMAN」のお披露目もありまっす!ゆるりとご参加ください。
◎日時:12月12日(土)16時〜18時
◎場所 ノマド村 兵庫県淡路市長澤727(旧生穂第2小学校)
◎参加費:大人500円/高校生以下無料
◎要予約 メール:sk.awaji2016@gmail.com 電話:090-7497-5653

プロフィール
■佐伯慎亮 
写真家。1979年広島生まれ。2001年キヤノン写真新世紀優秀賞、2018年大阪市咲くやこの花賞を受賞。国内外での展覧会やドキュメンタリー映画の製作、広告、雑誌等のカメラマンとして活動している。おもな書籍に『挨拶』『リバーサイド』(赤々舎)などがある。17年から淡路島に住んでいたが今春からは大阪との二拠点生活。

■竹田剛
1971年神奈川県生まれ。1998年よりアート・ディレクター、グラフィック・デザイナーとして音楽系ビジュアルの制作を中心に活動。2017年に東京から淡路島へ移住。2019年、淡路市生田村に住居とアトリエを構えてから本格的に絵画制作をはじめる。2020年8月にノマド村にて個展「The Inner Shore」開催。